スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBメモリーの中のファイルを暗号化するツール「usbdrivesecure」紹介

皆さんUSBメモリーを使っていて、他の人に見せられないデータを入れている人もいると思います。
そんなファイルを暗号化して、他の人が開けないようにするのがこの「usbdrivesecure」です。
まず、ここからダウンロードしてください。
MasanoriSoft.ORG
ダウンロードしたフォルダを解凍して、開きます。

開くとこんな感じなんでこの中の「maker.exe」をダブルクリックしてください。
usbdrivesecure01
現れたウィンドウの「次へ」をクリックし続けて、自分のPCに接続しているUSBメモリのドライブパスを選択して、「OK」を押してください。
完了すると、USBメモリの中に、「PROGRAM」と「SECRET」の2つのフォルダができてるはずです。
まず、「SECRET」フォルダの中に暗号化したいフォルダを入れて、
「PROGRAM」フォルダを開いて中の「client.exe」をダブルクリック
usbdrivesecure02

この画面で「パスワード」の欄に適当に打って「ファイルを取り出す」をクリックします
usbdrivesecure03

そしたら右下にこんなウィンドウが出てくるはずです
usbdrivesecure04

これの「暗号化する」をクリックします

この画面でパスワードにしたい英数字を打って「OK」をクリックすると暗号化が始まります。しばらく待ってください
usbdrivesecure05

完了したらこんなウィンドウが出ます。
usbdrivesecure06

これで最後に確認で「SECRET」フォルダの中の暗号化したファイルの中身を確認してください
拡張子が変わってるはずです。

以上です

これで暗号化は完了です。

複合化は、「client.exe」をダブルクリックで起動して、パスワードのところに暗号化したときのパスワードを入れて
「ファイルを取り出す」をクリックしたら
複合化も完了です。

お疲れ様でしたノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。